エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平投手(29)が9日(日本時間10日)、ドジャースとメジャー史上最高額となる10年総額7億ドル(約1015億円)で契約を合意した。所属先の代理人事務所CAAが発表した。

USAトゥデー紙のボブ・ナイチンゲール記者はX(旧ツイッター)に「ショウヘイ・オオタニは北米スポーツ史上最高額のアスリートになる」と投稿。ESPNの名物記者ジェフ・パッサン氏は「ショウヘイ・オオタニがロサンゼルス・ドジャースから受け取る7億ドルは、スポーツ史上最高額だ」と投稿した。

◆スポーツ界の大型契約 サッカーのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが17年11月から21年6月まで、スペイン1部リーグのバルセロナと結んだ契約は、4年間で約5億5500万ユーロ(約860億円)。スペインの全国紙ムンド(電子版)はスポーツ史上最高額の契約と伝えた。北米4大スポーツ(MLB、NFL、NBA、NHL)では、NFLチーフスのQBパトリック・マホームズが31-32年シーズンまで結んだ10年5億300万ドル(約729億円)が最高額。MLBの過去最高額はマイク・トラウト(エンゼルス)が19~30年に結んだ12年4億2650万ドル(約618億円)。