救援左腕アンドリュー・チャフィン投手(33)が、古巣タイガースと1年契約で合意したことが分かった。地元紙デトロイト・フリープレスが伝えている。

情報筋によると、2024年の契約は475万ドル(約7130万円)が保証される内容で、25年については球団オプションが付帯。メディカルチェックの結果を待って、正式契約の見込みだという。

チャフィンは2022年にタイガースで投げ、64試合の登板で2勝3敗、防御率2・83、67三振を記録。19四球で、与四球率は7・8%だった。今季はダイヤモンドバックスとブルワーズで計63試合に登板し、3勝4敗、防御率4・73という内容で、与四球率は12・5%と、フルシーズンではキャリアワーストの数字だった。

22年終了後にフリーエージェントとなり、タイガースとも交渉を行ったものの合意に至らなかったチャフィン。今年6月には「(タイガースに)戻ることができればうれしかったと思う。あの時点では仕事上の決断を下したに過ぎない」と話していた。