結婚を電撃発表したドジャース大谷翔平投手(29)が2月29日(日本時間3月1日)、キャンプ地の米アリゾナ州グレンデールで囲み取材に応じた。 大谷の一問一答は以下の通り。

大谷の一問一答

-このオープン戦の出場ペースについて

大谷「連チャンで出ることよりも、まず強度を保つ。あとはトータルの打席数を増やすというのがメインなんで、そこまで連続で出るということには重きを置いていないかなと思います」

-開幕まで50打席が必要と言っていたが今は

大谷「20くらいだと思うので、すぐ50はたぶん超えるんじゃないかなと思いますし、継続して、あとは強度を保って。多めになる分には構わないと思っているので、できる限りいい調整を続けたいなと思います」

-結婚はいつ、そして妻について

大谷「日本人の方ですね。入籍日は特に言わない、というか言わなくていいかなと思っているので。至って普通の人というか、普通の日本人の人です」

-知り合ってどれくらい

大谷「正確な日付はちょっとわからないですけど、初めて会ったのは3年、4年くらい前ですかね。3年ちょっとかな」

-結婚はFAの決断に影響があったか

大谷「それはまったくなかったですね。彼女自身も僕の意見を尊重してくれていますし、そこはまあ、野球とは別のことなので、どこに行っても来るという感じだったので。そこはもうまったく関係なく、自分がどこで野球をしたいかが、一番というところだったかなと思います」

-なぜこのタイミングで発表したのか

大谷「そうですね、シーズン中よりまず入る前がいい。自分自身ももちろんそうですし、他の全部トータルで見たときに、もちろん(シーズン)入る前がベストじゃないかなというところがあったのと。時期に関しては、書類がいろいろあったので、整理しないといけないのもあったので。もうちょっと早めにしたかったのはあったんですけど、そういう関係で少し延びて、今日になったという感じですかね」

-ちゃんと発表した意図は?

大谷「1番はみなさんがうるさいので(笑い)。しなかったらしなかったでうるさいですし、今日はまずはここでして、あとは野球に集中したいなというのが1番です」

-結婚の決め手になったのは

大谷「決め手…。う~ん。何でしょうね。特にこれというのはないというか。一緒にいて楽しいですし、何となくずっといるところを想像できたんじゃないですかね」

-3~4年前に知り合ったとのことだが、二刀流で成功し始めたころ。二刀流をやる上でも食生活で支えられたか

大谷「初めて会ったのがそのぐらいなので、実際に(交際したの)はもっともっと後なので。シーズン中は特に来ていなかったですし、基本的には今まで通りというか渡米してから今まで1人でいたので、そこは特に去年も変わらなかったかなと」

-どんなところにひかれたか

大谷「これというのはないですね。全体として雰囲気というか、一緒にいて楽しいですし。これ1つというわけではなく、全体的な雰囲気が合っているかなというか」

-好きな食事は

大谷「まだ実際にはこっちに来て日がたっていないというか、そんなに長いことではないので、まだそこまで食べてないですかね。たくさん(作ってもらったのを)食べているわけではないですかね」

-プロポーズの言葉

大谷「え~と、普通に言いました。まぁ、あえて言う必要はないと思います」

-交際期間はどれくらい

大谷「どれぐらいなんですかね。初めて会ったのが3、4年前というだけなので、実際にどれぐらいだったかは。婚約したのは去年なので、それを指すなら去年になるんですかね」

-将来、子どもをつくりたいという希望、イメージは

大谷「もちろんそうなればいいですけどね、自分以外のことは、言うとかなわない気がするので、あまり言いたくない感じですかね」

-愛犬(デコピン)を買われたのは、遠征で(夫人が)1人になるなど結婚の影響はあったのか

大谷「ボヤッとは考えてましたけど、基本的には手術をした時もずっと僕1人で自分が(デコピンを)見ていたので、基本的にはあまりそこまでは。ボヤッとはもちろん考えていましたけど、そこまで必ずという感じではなかったですかね」

-犬好きで2人でワンちゃんを決めたとか

大谷「いや、僕が勝手にというか(笑い)。僕がもちろん前々から買いたいなというのはあったので、タイミング的に良かったというのがあったので、電話した時にむしろビックリしていたぐらいの感じだったので」

-言える範囲でなれ初めは

大谷「言えないです(笑い)。まぁ、言えなくはないですけど」

-言える範囲で

大谷「まぁ、なんか、短いスパンで何回かたまたま会ったので、そっからというのが1番ですかね。アメリカで? 日本です」

-外でデートは

大谷「外は行ってないです。僕も基本的にはアメリカに、オフシーズンの最初や去年は手術もあったのでほぼ帰っていないですし。オフシーズンも基本的にこっちにいたりすることもあったので、そんなに外にいることはなかったですね」

-家とかで過ごしてお互いひかれていった

大谷「ラフな感じで過ごしていました。外に出たら、みなさんうるさいので(笑い)」

-一般人の方で一緒に済んでいる認識でいいか

大谷「そうですね。キャンプの途中でこっちに来ました」