オリックスT-岡田が今季実戦1号となる2ランを放った。

韓国・斗山との練習試合に6番一塁で先発し、4回2死三塁の第3打席で相手右腕の外角直球をとらえ、高い弧を描いてバックスクリーンまで運んだ。

「状態がいいときは左中間から右中間に収まる。あそこに飛ばせたので会心、ですね」。自身のバロメーターの1つ「Tゾーン」への打球に手応えを持てた。

紅白戦は5試合で10打数2安打0打点といまひとつ調子が上がらず、22日の宮崎キャンプ休日もバットを振り込んだ。ただ斗山戦は「(2回の)第1打席で(球の)見え方が変わった。うまく説明できませんが」と感覚に変化が出た。見逃し三振の後、3回には右翼線へ適時二塁打を放った。

初の対外試合で4打数2安打3打点。西村監督は同点打の新助っ人メネセス、ソロ本塁打のマレーロと一塁を争わす方針で、14年目の生え抜きは「これで結果が出なかったら自分のせいと思っている」と強い覚悟を示した。