新日本プロレスのユニット「鈴木軍」のボス、鈴木みのる(53)が米団体インパクト・レスリングにも参戦する。同団体が14日(日本時間15日)に公式SNSなどで発表したもので「鈴木みのる、COMING SOON」と近日中に参戦することを予告。新日本での試合をまとめた鈴木の特集動画も投稿された。

現在、米転戦中の鈴木は今年9月のジョン・モクスリー戦でAEWデビューを果たすと、同じ鈴木軍のランス・アーチャーと組み、モクスリー、エディ・キングストン組とのタッグ戦にも出場。今秋は新日本米国大会、AEW、GCWなどにも参戦してきた。新日本と協力関係にあるインパクト・レスリングにも登場することになった。

鈴木は15日(日本時間16日)、米フロリダ州マイアミで開催されるオール・エリート・レスリング(AEW)の興行で元WWEヘビー級王者ダニエル・ブライアンことブライアン・ダニエルソン(40)と17年ぶりに対戦することも決定済み。両者は04年7月、新日本旭川大会で1度シングルで激突し、鈴木が裸絞めで勝利しているカードだ。この試合はAEWの公式ユーチューブでライブ配信される予定となっている。