元WBC女子世界フライ級王者で、男性となって初めて実戦形式のリングに上がった真道ゴー(本名・橋本浩、36=グリーンツダ)が、2勝2敗1分けの石橋克之(35=姫路木下)に判定0-3で敗れた。

    ◇    ◇    ◇

試合を視察した日本ボクシングコミッション(JBC)萩原理事長は「素晴らしい試合。(男性としてプロテストへ)半歩前進した」と言いつつ、「この1試合ではまだ具体的には進めない。安全面に最大限に配慮した上でデータの蓄積が必要」と慎重な姿勢。安河内・本部事務局長は「思っていた以上にいいパフォーマンス。間違いなく歴史じゃないですか。この歴史をどうつむいでいくかが課題になる」と世界的に注目されている事案と話した。