北海道出身のタイチが、驚異的な粘りで鷹木信悟を倒し、地元の大声援に応えた。終盤は鷹木がパンピングボンバー、タイチがアックスボンバーを放ち合い、両者ともリング上で倒れこむ死闘。ラストは強烈なドロップキックからのバックドロップホールドで、タイチが鷹木を押さえ込んだ。

先日23日に“負けた方が自身のYouTubeチャンネルを削除”と決めていたが、情報を知ったファンから、両者に不安のメッセージが殺到。試合後、鷹木はその場でチャンネルを削除しようとしたが、タイチが「お互いにファンを悲しませるようなことはすべきじゃない。削除はもういいから、俺のYouTubeに出演しろ」と条件を変更して、丸くおさめた。