TBSスペシャルコメンテーターで元朝日新聞特別編集委員の星浩氏は8日、TBS系の「ひるおび」に出演し、安倍派をはじめとする自民党派閥の政治資金問題をめぐる岸田文雄首相のさまざまな対応に疑問を示した。

岸田政権の要でもある松野博一官房長官が、所属する安倍派の政治資金問題で1000万円を超える「裏金」のキックバックを受けて、政治資金収支報告書に記載していない疑いがあると報じられていることを受けて「昨日の夜から今朝にかけて、自民党の幹部と総理との間でももう、内閣改造したほうがいいというやりとりがあったらしい」と述べた。その上で「首相は『もう少し様子を見ましょう』と決断できなかった(ようだ)」と明かした。

岸田首相が、これまでもさまざまな問題が起きた時に対応が後手に回っていることを念頭に「ここでも決断できなかったというので、岸田さんが、決断できなかったということがじわじわと党内にも広がっている」と述べた。