良血G1馬ジェラルディーナ(牝5、斉藤崇)がレジェンドの手綱で「打倒世界一」に挑む。来週に迫った上半期のグランプリ・宝塚記念(G1、芝2200メートル、25日=阪神)に向けて15日、栗東で1週前追い切りに臨み、Cウッド6ハロン82秒1-11秒4をマーク。初めてまたがった武豊騎手(54)は「さすがにいい馬」と好感触を得た。

    ◇    ◇    ◇

歴戦の名手に導かれ、ジェラルディーナがCウッドを軽やかに駆け抜けた。もたれかけたところで右から肩ムチを入れられ、6ハロン82秒1-11秒4。若干の発汗は見られたが、初騎乗の人馬で呼吸を合わせて末脚を伸ばした。武豊騎手は「さすがにいい馬。思ったより引っかかっていかなかった。何度も一緒にレースをしているし、阪神2200メートルでも(G1を)勝っているから」と目尻を下げて好感触を口にした。

世界ランク1位のイクイノックスへのリベンジに挑む。昨年の有馬記念では出遅れを挽回しての3着。0秒7差を詰める余地はある。しかも今回はエリザベス女王杯を制した舞台。実績のある道悪なら、さらにチャンスは広がる。斉藤崇師も「この追い切りで良くなってきそう。(最近2戦の)2000メートルから1ハロン延びて競馬もしやすいと思う」と期待を寄せる。

血の力の後押しもあるか。武豊騎手は先週に北海道のノーザンホースパークで「ディープインパクトゲート」のお披露目式に出席した。「鳴尾記念で金子(真人)さんのボッケリーニが勝って、(同日の)英国のダービーでディープ産駒のオーギュストロダンが勝って、『(翌日の)安田記念は俺だ』と思ったけど…ノーザンファーム(ソングライン)やった」と笑った。偉大な名馬はジェラルディーナの母父でもある。来週こそ、レジェンドの出番かもしれない。【太田尚樹】

◆武豊騎手の宝塚記念成績 【4 4 4 17】で連対率27・6%。89年イナリワン、93年メジロマックイーン、97年マーベラスサンデー、06年ディープインパクトで勝っている。4勝、騎乗数29回とも歴代最多。