2番人気テーオーロイヤル(牡5、岡田)が2着に追い上げた。

道中は中団に陣取り、直線勝負。ラスト3ハロンは33秒9の鬼脚で迫ったが、自在にペースを操った勝ち馬アイアンバローズとの差は2馬身半差までしか埋められなかった。中盤のペースが緩んで脚がたまったこともあるが、ラスト3ハロン33秒台の脚を使ったのは04年ダイタクバートラム(1着)以来。先週のジャパンCを回避して臨んだ一戦で、地力の高さと長距離適性を見せた。

岡田師は「返し馬から素軽さを見せていた。1回使って馬も良くなっていたね。スローで、あの競馬。能力では負けていないだけに悔しいね。馬は出来も戻っていた」と振り返った。