コンテンツエリア



メインコンテンツ

築地場外さんぽ

菅商店すがしょうてん

菅商店

 90歳を超え、現在も元気に店頭に立つ菅隆志さんが同地にかまぼこを販売する個人商店を立ち上げた。終戦から5年、昭和25年のことだった。

 隆志さんの父は、場外にあった安養寺の住職だった。元々、場外は築地本願寺の56の末寺が密集するエリアでした。関東大震災でほとんどの寺が崩れて、郊外に移転。その転居後に商店が次々に入って、現在の築地場外市場の原型がつくられていきました。安養寺も移転した寺の1つでしたが、隆志さんの父はそのまま住職として築地に残っていました。

 隆志さんは、食べられるいろいろなものを販売していましたが、現在ではシューマイ、包子、ギョーザを中心とした飲茶商品をすべて手づくりで販売し、人気を誇っています。

住所:
〒104-0045
東京都中央区築地4-10-2
TEL:
03-3541-9941








右カラム