西武秋山に2球団強い関心「1番中堅手」ニーズ合致

西武から海外FA権を行使した秋山翔吾外野手には、カブスやダイヤモンドバックスが強い関心を示している。

カ軍は中堅手と1番打者の補強が大きな課題となっており、秋山がその両方のニーズに合致する。ダイヤモンドバックスも主に1番を務めたダイソンがFAとなったため、1番打者が大きな補強ポイントであり、補強資金にも余裕がある。この2球団をレッズ、パドレスなどが追走する形になっている。