マー君倒れる、右後頭部付近に打球直撃 病院直行

  • 打球が右後頭部付近に直撃し手当てを受ける田中将大と見守るヤンキース選手ら(ロイター)
  • ヤンキース田中将大(20年2月14日撮影)

ヤンキース田中将大投手(31)が、4日(日本時間5日)、右後頭部付近に打球を受けて練習を取りやめた。

米メディアが撮影した映像によると、ヤンキースタジアムで行われた実戦形式の練習に登板した際、スタントンのライナーが頭部を直撃。マウンド上で倒れた田中は、数分後に立ち上がり、トレーナーらに付き添われながら一塁側ダッグアウトへ引き上げた。

ヤンキース広報部によると、意識はあり、自力で歩行できるものの、検査を受けるため、ニューヨーク市内の病院へ向かった。