大相撲裏話

富山県出身の朝乃山と横綱太刀山…どちらも温厚

103年前、富山県出身力士で最後に優勝を果たした第22代横綱の太刀山(1941年、63歳没)は明治初期から大正初めまで「無敵の名をほしいままにしてきた」と、相撲博物館の資料に残されている。立ち合いから2発以内に土俵外へ持っていく猛烈な突っ張りは「四十五日」(1突き半=1月半)と表された。

優勝を決め関係者に拍手され鯛を持つ朝乃山、前列右は高砂親方(撮影・鈴木正人)
優勝を決め関係者に拍手され鯛を持つ朝乃山、前列右は高砂親方(撮影・鈴木正人)

圧倒的な実力を誇る一方で朝乃山と同様、温厚な性格だった。趣味は富士山を描くこと。好きなお酒は大正時代につくられていた「サクラビール」で、桜が日本の国花として武士道精神を表していると聞き、たしなむようになったという。

朝乃山にとっても縁のある名横綱だ。小4から2年間、太刀山の寄付で建てられた太刀山道場に通った。朝乃山の母校、呉羽小には廊下に、呉羽中では体育館内に優勝額が飾られるなど、地元の英雄的存在。初優勝を果たした25歳のニューヒーローは「優勝して飾ることになったらわくわくする」と、まんざらでもなさそうに話した。【佐藤礼征】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

取組を見るだけじゃ分からない、日刊スポーツの大相撲担当記者が土俵周辺から集めてきた「とっておきネタ」をお届けします。

おすすめ情報PR

格闘技ニュースランキング

  1. 元稀勢の里「現代風」指導デビュー 高安を横綱に!
  2. 「お相撲さんはジャニーズと一緒」研修会に鶴竜ら
  3. 貴景勝が豆まき、春場所での大関とりへ「淡々と」
  4. 内藤哲也、タイチ下し防衛「必死さは伝わってきた」
  5. 鷹木、BUSHI組が前王者退ける「再スタートだ」
更新