コンテンツエリア



メインコンテンツ

コラム

RSS
大相撲裏話

大相撲裏話

取組を見るだけじゃ分からない、日刊スポーツの大相撲担当記者が土俵周辺から集めてきた「とっておきネタ」をお届けします。

新着コラム

九州場所で土俵に復帰する式守与之吉

幕内格行司の式守与之吉(49=宮城野)が、ギラン・バレー症候群を克服して土俵に戻ってくる。今年の初場所から5場所連続で休場中。秋場所の土俵には上がっていないが、事務方として国技館に出勤で…[]

白鷹山(右)を寄り切りで破った天空海(撮影・狩俣裕三)

明日の幕内入りを目指して、しのぎを削る十両力士。いろいろな思いを胸に1日一番に集中する中、2人の力士が締め込みに特別な思いを込めて本場所に臨んでいる。新十両の初場所以来の十両返り咲きとな…[]

一山本(18年9月9日撮影)

2年前の制度改革が、将来の関取を発掘しつつある。西幕下5枚目の一山本(24=二所ノ関)が、初土俵から11場所目にして十両昇進を目前にしている。中大時代に全国学生選手権16強など実績を残し…[]





相撲・格闘技

井上尚弥がスパー打ち上げ「選ばれたことを誇りに」
井上尚弥がスパー打ち上げ「選ばれたことを誇りに」 [記事へ]





右カラム