RENAがベラトール初参戦 日本人女子初のMSG

RIZINは23日、RENA(27)が6月14日のベラトール222大会に参戦すると発表した。

相手はリンジー・ヴァンザントで、契約体重50・8キロの肘あり総合格闘技ルールで行われる。同大会は米ニューヨーク・マディソンスクエアガーデン(MSG)で開かれ、RENAは日本人女子格闘家として初めて聖地に立つこととなった。

RENAは「先月、今回MSGで開催されるベラトールへの出場オファーをいただいた時は驚きましたが、アメリカで試合をすることは私の大きな夢だったので、それがかなうことがうれしくて今すごくワクワクしています。しかも、日本人女子プロ格闘家がMSGで試合をするのは初めてと聞いたので、派手に勝ってシュートボクシングとRIZINをベラトールファンにアピールしたいと思います」とコメントした。

RENAは、昨年大みそかのRIZIN14大会前の減量で脱水症状と貧血となり、ドクターストップで欠場した。失意の時期を乗り越え、4月21日のRIZIN15大会では、サマンサ・ジャン・フランソワを下して、17年大みそか以来1年4カ月ぶりの勝利をあげた。