ラグビー

ラグビー

W杯に刺激 ラグビー日本成長した姿/今泉清が語る

  • FacebookMessenger
  • TL

 サッカーはW杯(ワールドカップ)ロシア大会で日本代表がコロンビアに勝って、盛り上がっている。選手たちも、それは意識しているはず。「俺たちも頑張ろう」という気持ちになる。競技は違っても、励みになる。サッカーW杯での活躍が、来年のラグビーW杯にもいい影響を与えてくれると思う。

日本対ジョージア 後半、WTBレメキ(左から2人目)がトライを決め、喜び合う日本代表の選手たち(2018年6月23日撮影)
日本対ジョージア 後半、WTBレメキ(左から2人目)がトライを決め、喜び合う日本代表の選手たち(2018年6月23日撮影)

 いい刺激を受けて、ラグビーは快勝した。ジョージア相手にキッキングゲームで負けなかった。相手陣で試合を進め、ターンオーバーから2つのトライを決めた。相手はFWが強かったが、スクラムは押されなかったし、モールも止めていた。毎試合、課題を修正できているのがすばらしい。

 メンバーはイタリア戦から変わったが、内容的には差がなかった。誰が出ても同じようにプレーできるのは、チーム力がついてきた証拠だ。代表初出場のフランカー西川もよかった。31歳だからこその価値あるプレーをみせた。FW3列の競争は激しくなりそうだ。

 SO田村のキックが不調だったが、それでも勝ったことは大きい。これまでなら、ズルズルと負けてしまうところ。今の代表はキックがだめなら違う手で得点しようと切り替えられる。だからこそ、気持ちの面でも崩れることはなかった。

 この3試合を通して、日本は成長した姿をみせた。サンウルブスが、代表強化に直結している。精神的にも「あきらめない」という気持ちを強く感じる。やはり、チームの時間が増えれば、1つになれる。スーパーラグビー終了後も代表チームを固定し、そのままトップリーグに参加できればさらに理解が深まり、戦術も共有できる。来年のW杯に向けて楽しみが増えたテストマッチ3連戦だった。(ニッカンスポーツ・コム/コラム「今泉清のひとり言」)

 ◆今泉清(いまいずみ・きよし)1967年(昭42)9月13日、大分市生まれ。6歳で競技を始め、大分舞鶴ではフランカーで高校日本代表。早大でBKに転向し、独特のステップ、大胆なプレーにプレースキッカーで活躍。87年日本選手権、89年大学選手権優勝。90年早明戦では終了間際に奇跡的トライで引き分けた。ニュージーランド留学後、サントリーで96年日本選手権優勝。95年W杯南アフリカ大会日本代表でキャップ数8。早大、サントリーフーズでコーチを務めた。

  • FacebookMessenger
  • TL

写真ニュース 一覧

おすすめ情報PR

ツイッター

担当記者のつぶやき

ランキング

新着コラム一覧