松山英樹が猛追69 通算8アンダーで終了

<米男子ゴルフ:ジェネシス招待>◇最終日◇16日(日本時間17日)◇米カリフォルニア州パシフィックパリセーズ・リビエラCC(7322ヤード、パー71)◇賞金総額930万ドル=約10億2300万円(優勝賞金167万4000ドル=約1億8400万円)

首位と4打差の11位でスタートした松山英樹(27=LEXUS)は、5バーディー、3ボギーの69とスコアを2つ伸ばし、通算8アンダー、276でホールアウトした。

最終組が5ホール残す中、現時点で3位。上位陣も成績を伸ばしきれておらず、最終組で1アンダーで回っている、現在首位のアダム・スコット(オーストラリア)とは3打差で終了した。

1番パー5は2オンから、約2・5メートルのバーディーパットを沈め、幸先よくスタートした。その後、前半は1バーディー、1ボギー。鋭いショットは健在で、後半もパー5の2ホールでともにバーディー。それでもバーディーとボギーを繰り返す展開だった。