B1三遠の寺園脩斗が新主将就任「悔しさを晴らす」

バスケットボールB1リーグの三遠ネオフェニックスは9日、20-21シーズンの新主将にポイントガードの寺園脩斗(しゅうと=26)が就任したことを発表した。

17-18シーズンに社会人チームの九州電力アーティサンズでプレーし、その後に移籍。チーム3季目となる。「昨シーズンの悔しさを新チームで必ず晴らすためにも、僕なりの統率力でチームを同じ方向に持っていきたいと思っています」とコメントした。