南アフリカ監督強気「日本メリットなくなり平等だ」

ラグビー南アフリカ代表(世界ランキング5位)のエラスムス監督(46)が17日、日本代表(同7位)のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49)の手腕をたたえた。

W杯日本大会準々決勝となる日本戦(20日、東京・味の素スタジアム)に向け、都内での会見に出席したエラスムス監督は、日本を初の8強進出に導いたジョセフHCについて「かなり良いコーチ。個人的には一番良い監督だと思っている」と評価した。対戦相手によって戦術を変えるなど“勝負師”としても認めた上で、「勝つための準備は我々も同じ。分析や戦術など出来ることは全てやってきた。簡単に勝とう、勝てるとも思っていない」と気を引き締めた。

この日、日本より1日早く登録メンバー23人を発表。チーム内では13日夜に発表し、170センチの「ポケットロケット」の異名を持つWTBコルビや、ジンバブエ生まれのパワフル「ビースト」ことプロップのムタワリラらが先発に名を連ねる最強布陣だ。

15年大会で日本に歴史的敗北を喫し、9月のテストマッチでは41-7で大勝した。指揮官は「W杯はテストマッチとは違う」と強調し、「9月は両チームともW杯の準備で多くのことを試した。日本はW杯で大きく成長して、美しく格好良くもみえる。しかし、我々も(10点差で敗れた)ニュージーランド代表などと挑戦して多くのトライを決めるなど成長している」。1次リーグ最多185得点、最多27トライをたたき出すなど超攻撃的なチームであることをアピールした。

海外勢で一番乗りの9月1日に来日し、岐阜県関市などで合宿を敢行した。日本の気候にも慣れ、さらに気温や湿度も下がったことで「日本のメリットもなくなり、互いに平等だと思う」と話した。15年大会後に成績不振に陥った強豪を1年半で立て直した46歳の名将は、チームミーティングで台風19号の被災状況についても共有しているという。

「日本大会の開催は、本当に称賛に値する。日本の方は誠実で素晴らしい。ただ、分かってほしいのが我々にも誇りがある。いろいろなことがあり、さまざまなものを背負ってここにいる。母国のために信念を貫き、満員の会場で攻撃的なラグビーを見せたい」

「スプリングボクス」の誇り高き伝統を胸に、3度目の大勝負へ臨む。

このニュースの写真

  • 日本戦3日前にメンバー発表を行う南アフリカのエラスムス監督(撮影・狩俣裕三)
  • 日本戦3日前にメンバー発表を行う南アフリカのエラスムス監督(撮影・狩俣裕三)