速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  この病気になる理由
 

【第56回】

胆のう摘出で合併症回避

この病気になる理由

胆石症(中)

 東京・板橋区にある板橋中央総合病院は、胆石症を専門に診る胆石センターがある。胆石外来の前には胆石の数々が飾ってある。大きさ、形、色とも多種多彩。実に個性的である。同病院胆石センターの増田浩部長は「胆石だけでなく、患者さん一人ひとりの胆のうの形も違いがあります。どのような胆石かよく調べて治療方針を立てることが重要です」という。

 医療機器の進歩により胆石の有無、形や大きさまで分かるようになってきた。腹部超音波(エコー)検査では、炎症やがんの有無も調べられる。胆のう結石ではほぼ100%、総胆管結石でも8割がた発見できるといわれている。

 胆石症の治療は胆石のできた場所、成分、大きさなどに適した方法を選ぶが、再発の多い病気でもある。胆石ができやすい状態が続けばまた石は作られるし、取りきれなかった小さな石が核となり、胆石が再び大きくなるケースがある。

 「再発が繰り返す場合は、胆石が作られる胆のうを摘出することになります。内視鏡と結んだモニターを見ながら手術する腹腔(くう)鏡下胆のう摘出術と呼ばれる方法が主流になっています」と増田部長。同摘出術は米国で開発された手術法。切開部が小さくてすみ、回復が早い。1週間ほどで退院でき、これまでの開腹手術と比べて費用も3分の1程度になる。

 胆のうは肝臓で作られた胆汁を一時的に貯蔵し、濃縮してから十二指腸に送る役目をしている。胆汁は消化酵素ではないが、脂質の腸管内での吸収を助ける働きがある。「胆汁は胆のうがなくても胆管を通って十二指腸に流れますから、そんなに大きな問題はありません。発作を起こすような胆石症は、合併症の恐れもあるので摘出したほうがいいでしょう」(増田部長)。

 同胆石センターの腹腔鏡下摘出術は年間280例にも上るという。胆石の治療も症状が進めば進むほど難しくなる。早期発見、早期治療が肝心なのは言うまでもない。

【ジャーナリスト 小野隆司】

衝撃波破砕療法

 体外からの衝撃波で胆石を砕いてしまう治療法。ドイツで開発されたものだが、直径3ミリ以下の胆石が3個以下、胆石の位置が超音波検査でよく写る、60歳以下が望ましいなどの条件がある。それでも増田部長は年50例ほど手がけている。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ