初日5着だった青木美保(23=埼玉)が、予2・7Rで高木真備に次ぐ2着に入り、3場所連続の決勝進出を決めた。

先まくりの細田愛未をピタリとマーク。まくり気味に追い込んだ高木真備にはかわされたが、動きは軽快だった。「初日5着だったので何とか確定板を、と思っていました。前まではS(スタート)を取って飛び付くレースをしようと思っていたけど、着に残れなかった。(2場所前の)川崎から柔軟に攻められるようになった」と流れに応じて走れるようになったことが、好成績につながっている。決勝8Rも自在に立ち回り上位争いに食い込む。