特選12Rは鈴木竜士(27=東京)が制した。

即席連係の山崎賢人が新山響平とたたき合う激しい展開。最終バックでは清水裕友を張りながら番手まくりし、執念で清水を飛ばすと、古性優作の猛追をタイヤ差でしのいだ。

「山崎さんと新山が踏み合っているときは僕もきつかった。出切ってからは自分の仕事と思ったが、止められる感じではなかったですね」と、壮絶なレースを振り返った。

2予は元同県の鈴木謙太郎を連れての自力戦。来月の地元日本選手権を視野に総力戦で勝ち上がりを狙う。