安東莉奈(22=大分)が手応えの良さを口にした。

予1・6Rは広木まこのまくりを追走する形から、直線で外を踏んで3着。「道中から楽だったし、最後もいつもより伸びていましたね」と満面の笑みで好感触をアピールした。

開催前の練習から良かった動きが、実戦でも出せた。「同県の阿部将大さんに練習メニューを教えてもらって、その通りにやってみたらいい方に出ました」と、S級1班でG3制覇も経験した実力者に感謝した。

直後のレースでは、同期で仲のいい戸田瑞姫が2着と好走。周囲の選手から多大な刺激を受け充実しており、3場所ぶりの決勝進出へ視界良好だ。