陸上男子100メートルのケンブリッジ飛鳥(24=ナイキ)は世界選手権の参加標準記録を突破した。

 飯塚と直接対決になった2本目。4歩目でバランスを崩すアクシデントもあったが10秒12。「よかった。最低限の目標はクリアできた」と安堵(あんど)した。日本選手権(23日開幕、大阪)で優勝すれば代表に内定する。出場するかは未定だが、200メートルにもエントリーしている。