原英莉花(24=NIPPON EXPRESSホールディングス)が国内メジャーで復活を果たした。1打差の首位で出て1イーグル、3バーディー、1ボギーの68をマーク。菊地絵理香との“エリカ”対決を3打差で制し、通算15アンダーの273で3年ぶり2度目の優勝を飾った。

一問一答は以下の通り

      ◇     ◇     ◇

-現在の心境は

「戦い抜いたという気持ちです」

-通算5勝のうちメジャーで3勝

「難しいコースセッティングで、自分の持ち味が出せたかなと思う」

-5月に腰の手術。ここまで長かったか

「復帰後は優勝を目指して戦ってきたので、1試合1試合は長く感じた。ただ、手術決断時にはゴルフが本当に出来るのかという状況。それを考えたらすごく早かったと思う」

-いまは腰の不安は

「ありません」

-手術後、SNSに「エイリアンみたいなものが取れた」と報告。あのエイリアンはいまどこに

「医療破棄物として処理されたと聞いています(笑い)」

-菊地選手とはどう呼び合うか

「私は『絵里香さん』。絵里香さんからは、『姫』とか『原の英莉花ちゃん』と」

-前回優勝後は、勝てない時期が続いた

「信じるものは救われる。そう開き直り、大丈夫だと思うようにした」

-ネットでウエアが好評

「動きやすい。あとは(首の下が)空いているデザインでかわいいと思う」

-初日と同じデザインで色違い

「初日は明るい気持ちでいきたいからピンクに。本来なら私の勝負服はネイビーと白。今日もそれで行きたかったけれど、『過去のことはもういいや、新しくテンションが上がるウエアにしよう』とこれ(黒)を選びました」。

-この優勝は米ツアーにも弾み

「そう思います」

【写真特集】笑顔でスタートする高木萌衣、ストレッチを行う柏原明日架ほか/女子プロ最終日1

【写真特集】原英莉花と菊地絵理香の“エリカ様ツーショット”ほか/女子プロ最終日2