2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は17日、都内で会見を開き、大会モットーの文言を「United by Emotion」とすると発表した。モットーは英語の3~5語で構成するルール。会場・街中装飾、ウェブサイトなどに掲出される。和訳は「感動で私たちは1つになる」だが、組織委は対外的に日本語は使わない。

組織委の武藤敏郎事務総長は「2020年という時代、あらゆる面で分断が進んでいる。東京大会ではアスリートの記録の舞台になるのと同時に、違いを知り、認め合う共生の舞台となり、今後の共生社会の確かな1歩とならなければならないと考えます。それらを全て凝縮して大会モットーとしました」と、選定理由を語った。