明大は終盤に2トライを奪う猛攻も、3年ぶりの優勝を逃した。序盤から強力FWを生かしたスクラムで流れをつかんだが、後半に早大BK陣の展開を止めきれず、失点を重ねた。

今季は、王者帝京大から勝利を挙げるなど、強化は形となって表れている。就任1年目の田中監督は「コミュニケーションの遅さなど、細かな部分をもう1度突き詰めていきたい」と大学選手権での巻き返しを誓った。