全日本大学野球選手権大会(6月5日から7日間、東京・神宮ほか)の組み合わせ抽選会が21日、都内で行われた。

 昨年優勝の中京学院大が所属する東海地区大学連盟、準優勝した中央学院大の千葉県大学連盟など5連盟がシードされた。東京6大学連盟は6月7日、九州6大学連盟と北東北大学連盟の勝者と初戦を迎える。選手宣誓は愛知大学連盟の代表校に決定。始球式は第16回大会で優勝した中大の中塚政幸氏が行う。決勝は6月11日(神宮)を予定している。