日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

マシンガ~ン…横浜22安打12点で敗戦

日記を書く

川本(後方)にサヨナラ本塁打を浴び肩を落とす山口(撮影・沢野健太)
川本(後方)にサヨナラ本塁打を浴び肩を落とす山口(撮影・沢野健太)

<ヤクルト13-12横浜>◇3日◇神宮

 横浜の守護神山口俊投手(22)は、ぼうぜんと打球を見上げた。最大4点差を逆転し、12-11で迎えた9回2死三塁。真ん中高めの155キロも通じなかった。ヤクルト川本に代打逆転サヨナラ本塁打を浴びた。「自信を持っている球なので。でも、打たれてしまったので…。野手が頑張ってくれて、落としてはいけないゲーム。悔しいです」と、目に涙をためて振り返った。

 150キロ超の直球を4球続けたが、この日最速のボールを軽々と左翼席に運ばれた。走者が三塁にいる状況で、暴投の危険性がある変化球を避けたのだろうが、直球に強い川本に対しては単調だったことは否めない。捕手橋本は無言を貫き、配球について聞かれた尾花監督は「分からん。オレには分からん」と、ぶぜんとした表情。9回までに22安打を放ちながら敗れたのは、プロ野球初の珍事。粘っての逆転劇が、土壇場で悪夢の悲劇に変わった。「野手がこれだけ頑張っているのだから、投手と野手の信頼関係をなくすことが、一番危惧(きぐ)するところ」と吐き捨てるように言った。

 1回に5連打で3点先制も、その裏に先発藤江が7点を奪われて逆転された。それでもコツコツと反撃。7回には藤田の適時打で、ついに再逆転に成功していた。ヒーローになり損ねた藤田が「打者は打者の仕事をするだけ。結果は仕方ない」と言えば、同点打の下園は「さすがにこの結果はきついっす」とうなだれた。

 6敗中、逆転負けが4度。投手陣再建が急務だが、勝利の方程式がつくれない。【斎藤直樹】

 [2010年4月4日9時51分 紙面から]


関連ニュース





このニュースには全0件の日記があります。






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  オリックス岡田が背信金子を事情聴取 - 野球ニュース
  2. 2  木村拓コーチ頑張れ巨人総力3連勝エール - 野球ニュース
  3. 3  【横浜】連敗脱出へフレッシュオーダー! - 野球ニュース
  4. 4  横浜が江尻を出場選手登録、藤江を抹消 - 野球ニュース
  5. 5  ブラウン監督 楽天初退場も実らず… - 野球ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです