日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 大相撲
  4. ニュース

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 取組速報
  5. 明日の取組
  6. 星取表
  7. ニッカン式番付
  8. ブログ新着記事

大鵬の納谷氏が白鵬に「喝」入れる

モンゴル相撲大会の表彰式で優勝者と握手する白鵬
モンゴル相撲大会の表彰式で優勝者と握手する白鵬

 元横綱大鵬の納谷幸喜氏(67)が6日、横綱白鵬(23=宮城野)に「喝」を入れる。4月29日の横綱審議委員会けいこ総見を見て「燃えるものを感じない」と憂慮。その後のマイペース調整にも危機感を感じ、6日に行われる大嶽部屋での二所ノ関一門連合げいこに特別参加する白鵬を、初めて直接指導することを決めた。夏場所(11日初日、両国国技館)まで残り5日。優勝32回の昭和の大横綱が、若い横綱の闘魂に火をつける。

 期待するゆえの直接指導だ。白鵬を大嶽部屋に迎える前日、納谷氏はけいこ場におりて23歳の横綱を直接指導する決意を口にした。

 納谷氏「私もけいこ場におりますよ。白鵬が気になるからね。横審のけいこ総見で見ても、燃えるものを感じなかった。その後もマイペースぶりは変わらないと聞くし、もう、場所も近いのに、どういうことかと思うよ。直接見て、気になったことがあったら、遠慮せずに言いますよ」。

 32回の優勝を誇り、一代年寄だった納谷氏は、05年5月28日に日本相撲協会を定年退職した。娘婿の大嶽親方(元関脇貴闘力)に部屋を譲って以降、力士を指導する機会は減り、最近はけいこ場におりる回数も少なくなっていた。だが、横綱昇進時も横綱の心得をアドバイスするなど、目をかけてきた白鵬ののんびりぶりには、黙っていられなくなった。

 白鵬のしこ名は、熊ケ谷親方(元前頭竹葉山)が、肌が白かったこともあり「大鵬のように強い横綱に」と名付けた。だが、そのけいこ量は連日30、40番は当たり前だった大鵬とは比較にならないほど少ない。特に春場所後はイベントやテレビ出演などに忙しく、集中したけいこが減った。この日も宮城野部屋で兄弟子の龍皇と20番(18勝2敗)をこなしたが、緊張感のある内容とは言い難かった。朝青龍の調整がハイペースと知らされても「やれって感じだよ。自分は自分のペースでやるだけ」と気にする様子もなかった。

 納谷氏「横審で会った時も『焦らずにやれ』とは言ったが、横綱はどんな状態でもけいこ場では、ピシッとしているもの。全力士の手本なのだから」。

 一方で夏場所については白鵬は「2年前に初優勝して、去年は横綱昇進を決めた場所だし、3年連続で優勝したいよ」と話す。横綱になっても猛げいこを重ねてきた納谷氏ならではの指導が、目標達成への起爆剤になるか。大嶽部屋のけいこ場が熱くなりそうだ。【柳田通斉】

 [2008年5月6日8時12分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは










日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 大相撲
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです