コンテンツエリア



メインコンテンツ

コラム

RSS
大相撲裏話

大相撲裏話

取組を見るだけじゃ分からない、日刊スポーツの大相撲担当記者が土俵周辺から集めてきた「とっておきネタ」をお届けします。

新着コラム

荒鷲(左)と花籠親方

日馬富士に続き鶴竜も休場となり、大荒れの初場所。その一翼を担うのが、西前頭2枚目の荒鷲だ。6日目の鶴竜に加え、8日目は白鵬も撃破。鶴竜戦の初金星は、外国出身では最も遅い(昭和以降)初土俵…[]

「-両国-江戸NOREN」の施設内

東京・両国国技館そばに「-両国-江戸NOREN」が昨年11月、オープンした。両国駅西口の旧駅舎を改築し「粋な江戸の食文化を楽しむ。」をコンセプトに12の和食店が集結した。施設内中央には土…[]

白鵬が名誉会長を務める「白鵬杯」の第7回大会が29日に開催される。同杯は、白鵬が大鵬さんから「横綱は強いだけではダメ。相撲以外のところで評価されないと。人を育てることだ」と言われ、将来を…[]

11日、土俵際で粘る宇良(右)。左は豊響

初場所も15日で中日。前半7日間で最も印象に残っているのは、4日目の十両宇良の取組だ。173センチ、128キロの自身より体重が56キロも重い豊響の突き押しを、土俵際で腹を突き出し弓なりに…[]





相撲・格闘技

宇良10勝目「対応できた」十両初の珍技たすき反り
宇良10勝目「対応できた」十両初の珍技たすき反り [記事へ]





右カラム