日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 大相撲
  4. ニュース

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 取組速報
  5. 明日の取組
  6. 星取表
  7. ニッカン式番付
  8. ブログ新着記事

新弟子ドラフト 角界再生へ鳴戸親方提言

 大相撲の鳴戸親方(58=元横綱隆の里)が、角界再生の起爆剤として「新弟子のドラフト制」を提案する意向であることが27日、分かった。大学や高校で実績を挙げた入門希望者の所属部屋を、獲得希望する部屋による抽選で決めるというもの。現在は個人の意思が尊重され、入門者が自由に所属部屋を選べるが、同親方は「派閥や癒着が生まれ、それが八百長を生む温床になりかねない」と指摘。放駒理事長(元大関魁傑)と同じ二所ノ関一門所属だけに、自ら次回一門会で提言したい意向だという。

 「ドラフト制度」導入を訴える理由は、「弟子に迎合する親方が多い」ためだという。環境の良さなどを口説き文句にスカウトするため、入門後に厳しく指導できないケースがあると指摘する。しかも、アマチュア時代の実績次第では幕下付け出しでデビューし、数場所で十両に昇進する。十両以上は一人前として扱われ、1人暮らしを許されることも多いため、師弟関係は希薄になる。そこに八百長へと傾く隙が生まれると危惧している。鳴戸親方は「ドラフトのようにすれば師匠も遠慮なく指導できる」と、再発防止の相乗効果もあると力説した。日本相撲協会は前日26日に、再発防止委員会(仮称)のメンバー8人を発表したばかり。委員の親方らも斬新な改革に前向きなだけに、こうした新たなアイデアが、協議対象となる可能性は十分ある。

 一方で関脇稀勢の里ら弟子には、部屋から徒歩圏内にある図書館通いを推進するという。本場所再開が未定で、通常よりも自由な時間が増えるため「いろいろな分野に触れることで教養が身に付く。難しい本でなくても童話からでもいい」と話した。八百長問題は特別調査委員会による真相解明に世間の目は向くが、現場からも再発防止に向けた活発な意見が出始めた。

 [2011年2月28日8時1分 紙面から]


関連ニュース


注目


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

鳴戸親方




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 大相撲
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです