高校通算62本塁打を誇る広陵(広島)・真鍋慧内野手(3年)の「バント」に場内がどよめいた。

同点の9回裏。無死一塁で打席に入った真鍋は初球からバントの構え。初球は見逃しストライク。2球目、寝かせたバットに当てたが三塁への小フライになり、ため息を誘った。

この回、無得点に終わり、決着は延長戦に持ち込まれた。

ネットでは「俺はバント派。後ろにいい打者がいる」「さすがに真鍋にバントはない」「これが広陵野球」など賛否両論だった。