コンテンツエリア



メインコンテンツ

高校野球

RSS

過去の大会

2017年

センバツ2017

第89回選抜高等学校野球大会

履正社(大阪)と大阪桐蔭が決勝に勝ち進んだ。大阪勢2校で優勝を争うのは史上初めて。

夏の地方大会2017

第99回全国高校野球選手権地方大会

西東京大会は東海大菅生が優勝。決勝で敗れた早実・清宮幸太郎内野手の夏は悔し涙で終わった。

夏の甲子園2017

第99回全国高校野球選手権

花咲徳栄が今大会6本塁打の中村奨成擁する広陵(広島)を破り、埼玉県勢初優勝を飾った。

2016年

センバツ2016

第88回選抜高等学校野球大会

智弁学園(奈良)が延長11回の末、高松商(香川)に2-1でサヨナラ勝ちし、初優勝。

夏の地方大会2016

第98回全国高校野球選手権地方大会

大阪大会は、履正社が6年ぶり3度目の切符を手にした。

夏の甲子園2016

第98回全国高校野球選手権

作新学院(栃木)が北海(南北海道)を7-1で破り、54年ぶり2度目の優勝を果たした。

2015年

センバツ2015

第87回選抜高等学校野球大会

春の頂点へ敦賀気比(福井)平沼翔太投手の右腕が、うなりをあげた。

夏の地方大会2015

第97回全国高校野球選手権地方大会

神奈川大会決勝は小笠原慎之介投手の完封劇で、東海大相模が10度目の甲子園出場を決めた。

夏の甲子園2015

第97回全国高校野球選手権

高校野球100周年の夏は、東海大相模(神奈川)が45年ぶり2度目の全国制覇を果たした。

2014年

センバツ2014

第86回選抜高等学校野球大会

龍谷大平安(京都)が、豊富な投手陣と自慢の強打で春の日本一に輝いた。

夏の地方大会2014

第96回全国高校野球選手権地方大会

センバツ優勝の龍谷大平安や一昨年に春夏連覇した大阪桐蔭などが名乗りを上げた。

夏の甲子園2014

第96回全国高校野球選手権

大阪桐蔭が三重との決勝に競り勝ち、全国3917校の頂点に立った。

2013年

センバツ2013

第85回選抜高等学校野球大会

浦和学院(埼玉)が、18安打17得点の猛攻で、春夏通じて初の頂点に立った。

夏の地方大会2013

第95回全国高校野球選手権地方大会

今秋ドラフト目玉候補、桐光学園(神奈川)松井裕樹投手が、横浜に敗れた。

夏の甲子園2013

第95回全国高校野球選手権

前橋育英(群馬)の高橋光成投手が9回134球を投げ、夏の甲子園の頂点に立った。

2012年

センバツ2012

第84回選抜高等学校野球大会

大阪桐蔭(大阪)が13安打7点を奪い光星学院(青森)を退けた。

夏の地方大会2012

第94回全国高校野球選手権地方大会

盛岡大付(岩手)が花巻東の大谷翔平投手を攻略し、4年ぶり7度目の甲子園出場を決めた。

夏の甲子園2012

第94回全国高校野球選手権

大阪桐蔭が光星学院(青森)との春夏同一カード決勝を制し、史上7校目の春夏連覇を達成した。

2011年

センバツ2011

第83回選抜高等学校野球大会

強打の東海大相模(神奈川)が14安打を放ち、6−1で九州国際大付(福岡)を下した。

夏の地方大会2011

第93回全国高校野球選手権地方大会

聖光学院のプロ注目右腕、歳内宏明投手が、福島大会決勝で圧巻の奪三振ショーを演じた。

夏の甲子園2011

第93回全国高校野球選手権

日大三(西東京)が6試合連続2ケタ安打の記録的猛打で10年ぶり2度目の優勝を果たした。

2010年

センバツ2010

第82回選抜高等学校野球大会

島袋洋奨投手擁する興南(沖縄)が延長12回、10-5で日大三(東京)を破り初優勝を飾った。

夏の地方大会2010

第92回全国高校野球選手権地方大会

興南(沖縄)が史上6校目の春夏連覇を目指す。大阪は山田哲人内野手を4番に据える履正社が名乗り。

夏の甲子園2010

第92回全国高校野球選手権

深紅の優勝旗が初めて沖縄に渡った。興南がエース左腕島袋洋奨投手の完投で、春夏連覇を達成した。

2009年

センバツ2009

第81回選抜高等学校野球大会

清峰が花巻東(岩手)を相手に1-0の完封ち。春夏を通じて長崎県に初優勝をもたらした。

夏の地方大会2009

第91回全国高校野球選手権地方大会

センバツ準優勝のプロ注目左腕・菊池雄星投手を擁する花巻東(岩手)が夏切符を手にした。

夏の甲子園2009

第91回全国高校野球選手権

中京大中京(愛知)が日本文理(新潟)を破り、43年ぶり7度目の優勝を飾った。





野球

ロッテ井口 第4打席で同点2ラン/引退試合速報中
ロッテ井口 第4打席で同点2ラン/引退試合速報中 [記事へ]





右カラム