エンゼルスのマイク・トラウト外野手(30)が、3打数3三振だった前日1日の試合から7打席連続三振を喫した。この日はファウルチップの三振、空振り三振、見逃し三振、見逃し三振。2試合連続で1度も出塁せずに3三振以上を記録したのは、メジャー12年目で自身初。この日の4三振のうち、最初の3三振はいずれも3球三振で、4打席トータルわずか13球で4三振を喫した。この2日で打率は8厘落ち2割7分7厘となった。

チームも全員でわずか3安打に終わり2連敗。シーズン43敗(37勝)を喫し、ア・リーグ西地区でマリナーズに追い越され4位に後退した。

トラウトは地元メディアに「今は少し調子が落ちている。フォームを崩しスイングが大きくなっている」とし、「まだオールスター休みにも入っていない。多くの試合が残っている。明日でちょうど半分。このチームに自信をもっている。みんな勝ちたいと思っている」と話した。