メッツ千賀滉大投手(30)は、6回7安打2失点2四球3奪三振と踏ん張り、12勝目(7敗)を挙げた。日米通算では99勝目となった。

立ち上がりの初回、先頭打者に四球を与えたものの、冷静に後続を打ち取り、無失点でスタートした。

2回、3回と走者を出しながらも無失点。

3点をリードした4回、中犠飛で1点を失った。

5回には無死から連打を許したものの、味方の好守にも救われ、無失点で切り抜けた。6回にはソロ本塁打で1点を失い、4-2と2点のリードを保ってマウンドを譲った。

球数は100球、防御率は2・96。

この日は3奪三振にとどまったが、年間200奪三振まであと「6」、規定投球回数の162回まであと「2/3」と迫った。

メッツは、その後も着々と加点し、快勝した。