オリックスからポスティング制度を利用してメジャー移籍を目指す山本由伸投手(25)に対し、獲得を目指すヤンキースが今季、背番号「18」を意図的に空き番号にして準備していたことが明らかになった。

 

 ヤンキースで69~73年に18番をつけたけたマイク・ケキッチは日本ハムでも1974年(昭49)に18番をつけた。左投げ右打ちの投手で、18試合で5勝11敗。防御率は4・13だった。投手としての成績は振るわなかったが打撃は得意で、74年9月22日には猛打賞。ヤンキースで同僚だったフリッツ・ピーターソンと妻を交換した逸話でも有名だった。

 

山本由伸獲得を目指すヤンキースが背番号「18」を意図的に空き番号にして準備>>

日本のエースナンバー「18」とは?藤田-堀内の時代から巨人では定着 由来は歌舞伎からの説も>>