オリックスからポスティング制度を利用してメジャー移籍を目指す山本由伸投手(25)に対し、獲得を目指すヤンキースが今季、背番号「18」を意図的に空き番号にして準備していたことが明らかになった。

18番は日本のエースナンバーだ。1リーグ時代の47年、背番号18を着用した白木義一郎(東急=26勝)野口二郎(阪急=24勝)真田重男(太陽=23勝)梶岡忠義(阪神=22勝)の4人が20勝以上をマークした。その後、藤田元司(巨人)が57年の新人王獲得を機に21番から18番へ変更。藤田の後は堀内恒夫が新人王獲得の翌67年から受け継ぎ、藤田-堀内の時代から巨人ではエース番号として定着し、桑田真澄、杉内俊哉、菅野智之に継がれている。

由来は歌舞伎の「十八番(おはこ)」からという説もある。18番は他球団でも松坂大輔(西武)や田中将大(楽天)らエース級が多いが、中日のように杉下茂、権藤博、星野仙一、小松辰雄の20番をエース番号としているチームもある。日本ハムではダルビッシュ有が背負った11番を大谷翔平が継ぎ、大谷のメジャー移籍後は空き番号となっており、特別な背番号となっている。

 

山本由伸獲得を目指すヤンキースが背番号「18」を意図的に空き番号にして準備>>

ヤンキースで69~73年に18番つけたマイク・ケキッチ、日本ハムでも18番つけていた>>