エンゼルスからFAとなっていた大谷翔平投手(29)のドジャース決定&10年総額7億ドル(約1015億円)で契約合意のニュースに、日本のSNS上では日曜日の早朝にもかかわらず、盛り上がりを見せた。

9日(日本時間10日)、ドジャースとの契約に合意したと、所属先の代理人事務所CAAが発表し、大谷も自身のインスタグラムで、ドジャースのチームカラーのブルーを背景に「LA」の文字が記されたドジャースのロゴマークを投稿。ファンと野球関係者に冒頭で決断まで時間を要したことをおわびし、「次のチームをドジャースに決めました」と報告。そのうえで、まずはエンゼルスのファンと関係者へ「エンゼルスと過ごした6年間は永遠に心に刻まれます」と感謝した。新たなチームに決めたドジャースのファンには「チームのために常に全力を尽くし続けていくことを誓います」と約束。後日の記者会見であらためて決意表明する考えを示し「ありがとうございました」と投稿を締めた。

日本のX(旧ツイッター)では、「ドジャース」「メジャー史上最高額」「本人発表」などが早速トレンド入り。「ドジャース!」「10年契約ならドジャースのユニ買おうかな」「ドジャースでリングとってくれ~」といった応援メッセージであふれた。