侍ジャパンの主砲を封じた。日本ハムのドラフト4位鈴木健矢投手(22=JX-ENEOS)が、広島との練習試合(名護)に2番手で登板。1点は失ったが、相手の4番鈴木誠の胸元を攻め、143キロの速球で詰まらせて遊ゴロに仕留めた。「自分の中では、腕を振って投げられた」。対外試合デビューで得た収穫だった。

中継ぎでのワンポイント登板を想定し、3回1死走者なしからマウンドに上がった。先頭の右打者ピレラに左翼線へ二塁打を浴び、続く西川に右越え適時二塁打。「(試合の)入りの右打者は課題。社会人ではファウルになるようなボールでも、(プロは)1球でアジャストしてくる」と反省もあったが、栗山監督は「アウトの取り方はよかった。楽しみ」と評価した。

まだ1軍キャンプ合流3日目。「雰囲気には慣れてません」と緊張感のある中で、球界を代表する打者にも通用することを示した。ネット裏のオリックス渡辺スコアラーも「ボールに力がある。右打者は苦労する印象」と警戒。開幕1軍入りを目指す変則右腕は「もっと投げきるボールを増やしていきたい」と自信に変え、さらにレベルアップする。【本間翼】