駒大が粘り勝ちで亜大に雪辱。1年生のエーアン・リン投手(向上)が好救援でリーグ戦初勝利を挙げた。

駒大は、4-4の同点で迎えた8回表、1死三塁から、ドラフト候補に挙がる4番・鵜飼航丞外野手(4年=中京大中京)の犠飛で勝ち越しに成功。さらに2死三塁とチャンスを広げ、大森廉也外野手(2年=市立船橋)のピッチャー強襲の適時打で6点目を加えた。

投げては先発の福山優希投手(3年=八戸学院光星)が5回で降板すると、2投手でつなぎ、最後は7回から登板した1年生のエーアンが2安打1失点に抑え、リードを守り切った。

新戦力がチームを救った。エーアンは「素直にうれしいです」と初々しい笑顔を見せた。7回、大倉孝一監督(59)に「まだ経験がないんだから。思い切ってできることをやってこい」とマウンドに送り出されると、「気持ちが折れたら負け」と自分に言い聞かせ、力強い直球と得意のツーシームを中心に投げ込んだ。9回裏、1点差に追いつかれ、なおも2死二塁。同点のピンチにも、冷静にツーシームで遊飛に打ち取り試合を締めた。

大倉監督は「エーアンは落ち着いて投げてくれましたね」とルーキーの活躍を喜び、「東都は勝ちきるのが難しい。1つクリアできたかな、と思います」と、今後に期待した。