日大は東洋大に敗戦し勝ち点を落とした。

先発の市川祐投手(2年=関東第一)が6回2/3を2失点(自責1)と粘投するも、チームはドラフト上位候補の東洋大・細野晴希投手(4年=東亜学園)から得点を奪うことが出来なかった。片岡昭吾監督(45)は「市川はよく投げてくれた。細野くんもコントロールがまとまっていたので、しっかり振っていくことをやったんですけど、細野くんが上回った、素晴らしいピッチャーだと思う」と振り返った。

この日、細野から唯一安打を放った谷端将伍内野手(2年=星稜)は「簡単に打てるピッチャーじゃないと思っていたので打席の中で工夫して球種だったりバッターボックスの立ち位置を前回とは変えて打席に入りました」と第1打席では中前打、第3打席では左翼への二塁打を放った。

各大学に好投手がそろい、これからもドラフト候補投手との戦いが待っている。指揮官は「ヒットを打たなくてもファウルで粘ってとかやると、ピッチャーは崩れてくる。そういう野球を目指しているので、もっと自信持ってプレーしてほしい」と奮起を促した。