先月1日に死去した元プロレスラー、政治家のアントニオ猪木さんのマネジメントを務めるIGF(猪木元気工場)は30日までに、猪木さんの愛弟子、藤波辰爾(68)のデビュー50周年を記念し、コラボ闘魂タオルを発売すると発表した。

12月1日に行われる、藤波が主宰するプロレス団体「ドラディション」の東京・国立代々木競技場第2体育館大会で販売する。

「コラボタオル」は、猪木さんの代名詞である真っ赤な闘魂タオルに50周年ロゴを特別刺繍したもの。今大会限りの特別バージョンで、会場販売100枚限定で販売される。

同大会は昨年から続く「藤波辰爾デビュー50周年記念試合」のファイナルとして開催。メインでは、藤波が新日本プロレス時代の弟子である棚橋弘至(46)と約20年ぶりにシングルマッチで激突する。