日本ミニマム級タイトルマッチ10回戦が行われ、同級王者高田勇仁(25=ライオンズ)が2度目の防衛に成功した。

同級2位で日本ユース王者の森且貴(23=大橋)の挑戦を受け、3-0(97-92×3)の判定勝利を収めた。昨年11月、ノンタイトルでの初対決で5回TKO勝ちしていた森を返り討ち。V2防衛に成功し「森選手が強くて最後までいっちゃいました。(森が)打ち合う覚悟をしてきた。それをねじ伏せることができた」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

右ストレート、左フックを軸に攻めて主導権を握った高田は、6回に右アッパーでダウンを奪取。終盤に打ち合いに挑んできた森と競り合って制した。日本王座を守り切った高田は「防衛戦もやるが、それまでにもっと練習してレベルアップして盛り上がる試合をしたい」と王者としての強い決意を示した。