元WBC女子世界フライ級王者で、17年に性別適合手術を受けた真道ゴー(本名・橋本浩、36=グリーンツダ)が、男子選手として初めて実戦形式のリングに上がった。2勝2敗1分けの石橋克之(35=姫路木下)に判定0-3で敗れた。

準公式試合とはいえ、真道にとって16年6月13日以来2736日ぶりの実戦だった。1ラウンドは鋭いジャブからの左フックで主導権を奪い、ポイントをとったが、2ラウンドは奪われる。勝負の最終ラウンドに左フックでダウンを食らい、ジャッジ3人いずれも2ポイント差だった。

試合中、殴り合いながら笑う顔が時折見られた。「楽しかった。パンチもらって『おお、重たいやないか』とか『やるやないか』と、言葉ではない会話があった。たまらん感覚でした」。濃密な3分×3ラウンドを振り返る一方で「結果は負けなので満足よりも悔しい」と言った。

「試合が終わってから」と話していた今後については「これからゆっくり考えたい」。7年以上のブランクをへた36歳の肉体へのダメージは大きく「(両)肩が上がりません」。進むか止まるかは時間をかける。ただこの日、日本ボクシング界に歴史を刻んだ事実は揺るがない。【実藤健一】

 

○…最終回に真道からダウンを奪い、判定勝利した石橋は「ホッとしました」と本音をもらした。ただ、真道の男性ボクサーとしての実力は認め、「速いし、パンチも今まで対戦した男性選手と変わらずか、それ以上でした。ほんまにパンチはありました」と語った。