東京都の小池百合子知事は8日の定例会見で、自民党の派閥パーティーをめぐる政治資金問題で、最大派閥の安倍派の議員にパーティー収入の一部をキックバックして「裏金」としていた疑惑が出ていることについて、自身の国会議員時代のパーティー券収入について「キックバックを受けるようなことはなかったと思います」と述べた。「割り当て分(をさばく)だけで必死でした」とも振り返った。

小池氏は国会議員時代に、現在の安倍派(清和政策研究会)に所属していた時期がある。当時からキックバックなどの慣例があったのか問われ「パーティー券はそれぞれ、割り当てなどもあったかと思う。派閥に属していた時期は長くはないが、割り当ての分をさばくためにきゅうきゅうとしていたことを覚えている」と述べた。

その上で、疑惑が持たれている安倍派の幹部議員から明確な説明がなされていないことについて「国民の皆さんから疑念を持たれることのないよう、実態の解明や再発防止策を講じる必要があるのではないか」と指摘した。