河野太郎デジタル相は10日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に出演した。

自民党安倍派の政治資金パーティーをめぐる裏金疑惑について「政治資金はきちんと(政治資金報告書に)記載するのがルール。記載をしていないということは法律にも違反することで、なかなか申し開きできないということになる」と指摘。「きちんと、うみを出し切ることが大事」とも述べた。

また「国民の政府不信が高まる中で、ルールに基づいて政治資金を取り扱うのは最低限のこと。まずはしっかり、これを確認することだ」とも指摘した。

番組のレギュラーコメンテーターを務める弁護士の橋下徹氏から、自身が所属する麻生派の政治資金の記載について「大丈夫なんですか」と問われると「特に、問題はないと聴いている」と応じた。

岸田文雄首相は今回の問題を受け、安倍派派閥の運営を取り仕切る「事務総長」経験者で、直近の5年間で1000万円超のキックバックを受け「裏金」疑惑が出ている松野博一官房長官を交代させ、事実上更迭する方向で検討に入っている。河野氏は、もし松野氏が更迭され、自身が後任を打診された場合に受ける考えがあるかと問われると「いやいや、それは総理がお決めになることですから」とだけ述べた。