フリーアナウンサー羽鳥慎一(52)は5日、MCを務めるテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜午前8時)で、米名門スタンフォード大進学を決めた花巻東(岩手)出身の佐々木麟太郎内野手(18)へのインタビューの中で、佐々木とのキャッチボールを披露した。

インタビューは、羽鳥が相手に50の質問数を目標に話を聞くという企画コーナー「羽鳥慎一50の質問」の中で紹介された。佐々木の卒業式前日の2月29日に羽鳥が花巻東を訪れ、インタビューが行われたという。

野球部のグラウンドを訪れた羽鳥は、「軽くでいいですから」と佐々木とキャッチボール。佐々木に「羽鳥さん、野球をやられていたと聞いて、自分で調べた」と話しかけられた羽鳥は「はい、高校まで。高校はピッチャーだったんですよ。アンダースローだったんですよ」と、自身の野球部経験を告白。「ナイスボールです」と答える佐々木のボールを受けた。

その後、羽鳥は、バッターボックスで素振りをする佐々木の様子を横から「生見学」。「おお、いいですね」「(スタンドに)入りましたね。(ホームランは)141本目」と、佐々木のパワーを目の当たりにする様子も放送された。