「青汁王子」こと実業家三崎優太氏が5日までにX(旧ツイッター)を更新。自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件をめぐる問題についてコメントした。

三崎氏は「そもそも自分の事務所の経理もろくに管理できないのに、国のお金の管理ができるわけない」と切りだし「誰がそんな議員に重要な政策を任せたいと思う?」と強調。

続けて「秘書も国民から泥棒扱いされているのに、黙ってていいの? 若手議員もたくさんいるのに、声を上げる人が一人もいないなんて、本当に恐ろしいことだよ」と苦言を呈した。